カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コラム
  • ホーム
  • はちみつで二日酔い知らず

ハチミツの糖がアルコールを分解!

はちみつで二日酔い知らず

はちみつで二日酔い知らず

お酒好きに朗報!はちみつの秘めたるチカラ

 楽しい仲間といると、ついついお酒の量が増えるという方、翌朝までお酒が残って困った…という経験がおありなのでは?そんな方の強い味方として、はちみつを頼ってください!

 飲んだアルコールの分解過程は、アセトアルデヒド→酢酸→水と二酸化炭素となり、尿や呼気としてカラダの外に出ていきますが、どれくらいの時間がかかるかは、飲酒量や個人差によって違います。朝起きてもまだお酒が残っている時は、アルコールが水と二酸化炭素に分解されていない状態なんです。

はちみつの果糖がアルコール分解スピードをアップ!

 英国王立化学協会のジョン・エムズリーという博士は、「ハチミツの中に含まれる果糖がアルコールの代謝を助ける」と提唱しています。アセトアルデヒドは、頭痛や吐き気の元凶となる毒素。これを寝ている間にどんどん分解するために、はちみつの果糖が燃料になってくれるそうです。


はちみつのブドウ糖が低血糖を解消!

 アルコール分解の主役は肝臓です。肝臓が一生懸命働いている時は、一時的に低血糖状態になることが多いそうです。飲んでいる最中から気分が悪くなったり貧血を起こしたりすることがあるのは、低血糖の症状です。

 ここでもはちみつが活躍します。はちみつの糖「単糖類」はすぐに吸収される糖で、速やかに低血糖を解消し肝臓の負担を和らげます。その結果、アルコール分解スピードが早くなるのです。

 話も弾んで、ノドもちょっと疲れ気味のことが多いと思いますので、お勧めはリンデンはちみつを寝る前の1スプーン。これでスッキリ目覚めて、翌朝にもう1スプーンで、さらにシャッキっと!爽やかな一日のスタートです!

 ←リンデンはちみつ一覧 他のリンデンはちみつのコラムを読む 他のはちみつを見る→